2019年10月13日

旅行「46.上諏訪温泉」

同期入社した定年仲間との年2回の親睦旅行(1泊2日)、今回(10月10日〜11日)は、信州諏訪市の諏訪湖畔にある上諏訪温泉へ出かけました。

461-340温泉と列車.jpg

1日目、名古屋駅発10時のワイドビューしなの7号に乗車。座席は1号車の最前列、まるで運転席に座っている様でフロントの車窓からの景色には迫力がありました。やがて、列車は塩尻駅に到着。

塩尻駅で下車、平出遺跡を見学する予定でしたが、タクシーの運ちゃんが案内してくれたのは平出古墳。丘陵に、6〜7世紀頃の権力者の墓(円墳)が3基ありました。駅へ戻る途中、タクシーの窓から遺跡も見られました。

462-340古墳と遺跡と旅館.jpg

この後、塩尻駅からJRの普通で上諏訪へ移動。今夜の宿、上諏訪温泉「しんゆ」着15時。しんゆは、どの部屋からも諏訪湖が一望できる湖畔に建つ源泉かけ流しの温泉旅館です。

暫く休憩してから、酸化の進みが遅く新鮮で若返りの効果が高いと言われる上諏訪温泉の湯につかりました。夕食は、テーブル個室で和会席。思い思いの酒を飲みながらよもやま話、楽しい一時を過ごしました。

463-340温泉と個室と料理.jpg

2日目、午前中は旅館の無料バスで諏訪大社4社(前宮、本宮、春宮、秋宮)巡り。社殿の四方に建っている神木の御柱は4社で16本、樹齢150年のもみの木で、7年毎に建て替えられるそうです。

464-340バスト大社と御柱.jpg

4社を参拝、上諏訪駅着12時35分。駅近くの和食処で昼食。諏訪湖で取れたワカサギのフライや野沢菜漬、そば料理とビール、ゆっくりお昼を済ませ、塩尻駅発15時3分のワイドビューしなの16号で帰って来ました。

私たちは、今年満70歳を迎えます。気の知れた仲間同士での親睦旅行、これからも元気な限り続けたいと思っています。



関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「45.かんぽの宿焼津」

← click ranking tag !

posted by AF at 14:48| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

旅行「45.かんぽの宿焼津」

月1回の母のリハビリ旅行、今年最後になる今月は静岡県の「かんぽの宿焼津」へでかけました。

451-340ホテルと駿河湾.jpg

新幹線静岡駅から西へ車で約30分、全室から焼津港と駿河湾が眺められる高台に建つホテルです。

温泉は、焼津黒潮温泉と呼ばれる塩分を含む効能豊かな天然温泉で、駿河湾を眺めながらゆっくりつかれます。

452-340温泉とレストラン.jpg

食事は、広々した明るいレストラン。テーブル席の他に小上がりもあります。夜のプランは色々ありますので自由に選べます。朝はバイキングでした。

豪華ではありませんが、気楽に利用できるホテルです。日の出前の朝の駿河湾、波も穏やかでとても奇麗でした。



関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「44.かんぽの宿岐阜羽島」
⇒旅行「46.上諏訪温泉」

← click ranking tag !

ラベル:かんぽの宿
posted by AF at 00:15| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

旅行「44.かんぽの宿岐阜羽島」

月1回の母のリハビリ旅行、今回は新幹線岐阜羽島駅の南へ車で20分ほど、清流長良川と木曽川に抱かれたのどかな田園地帯にある「かんぽの宿岐阜羽島」へでかけました。

441-340ホテルと館内.jpg

ホテルは3階建で、1階は「フロント、売店、お風呂、レストラン」など、客室は2階と3階にあります。公共施設は全て1階に集約されており、分かり易く使い易いレイアウトです。

お風呂は、田園地帯に湧き出るかけ流しの天然温泉です。温泉名は「羽島温泉」、泉質は「ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉」、効能は「神経痛、関節痛、うちみ、疲労回復、健康増進」など。

442-340風呂とレストラン.jpg

レストランは、椅子席と小上がりがあります。夜は懐石料理で、「レギュラープラン、お得なプラン、プレミアムプラン」などがあって選べます。朝は、「和食+洋食」のバイキングでした。

木曽川、長良川、揖斐川で捕れる「なまず」は岐阜羽島の名物。翌日は羽島駅の北側で「なまず祭り」が行なわれており、帰りの新幹線を待つホームから眺められました。



関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「43.かんぽの宿浜名湖三ケ日」
⇒旅行「45.かんぽの宿焼津」

← click ranking tag !

ラベル:岐阜羽島
posted by AF at 14:54| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

旅行「43.かんぽの宿浜名湖三ケ日」

先月満90歳を迎えた月1回の母のリハビリ旅行、今回は静岡県の「かんぽの宿浜名湖三ケ日」へ出かけました。

431-340ホテル.jpg

かんぽの宿浜名湖三ケ日は、JR東海道線鷲津駅から車で25分ほど。奥浜名湖にある湯と食が楽しめるホテルです。

客室は、全室浜名湖が眺められる「和室6畳〜10畳、各種洋室、和洋室」などがあり、予算や人数に合せて選べます。

432-340部屋と風呂.jpg

お風呂は、泉質が「ナトリウム+カルシウム+塩化物 泉」の天然温泉で、男女共に大浴場と露天風呂があります。

料理は、「小食プラン、レギュラープラン、+単品料理」などがありますので、年齢や好みに合せて無駄なく頂けます。

433-340料理と館内.jpg

館内は明るくて清潔、高齢者や目の悪い人への配慮も行き届いており、気持ち良く過ごすことができました。



関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「42.豊田の奥座敷にあるホテル百年草」
⇒旅行「44.かんぽの宿岐阜羽島」

← click ranking tag !

ラベル:浜名湖三ケ日
posted by AF at 14:36| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

旅行「42.豊田の奥座敷にあるホテル百年草」

月1回の母のリハビリ旅行、今回は車の町豊田市の奥座敷足助町にあるホテル百年草へでかけました。ここは、2ヶ月前にもでかけたホテルです。ホテルに関する情報は、その時紹介しました「こちら」のブログをご覧ください。

421-340ホテルと川.jpg

今回は、ホテルの東側を流れている川で鮎釣りをしている方がおられましたので、この鮎釣りについてお話します。鮎の釣り方には「友釣り、素掛け」などあり、その時期で釣り方も制限されています。

最盛期に行われるのが、おとり鮎の後ろに針をつけて川に流して川の鮎を引掛ける友釣りです。一方、最盛期の後に解禁されるのが、数個の引掛け針を仕掛けた竿で鮎を引掛けて釣り上げる素掛けです。

422-340仕掛けと釣り.jpg

ホテルの人の話しでは、最近この素掛けが解禁されたばかりとのことでした。友釣りは知っていましたが、素掛けは初めて見ました。見ていたのは短い時間でしたが、何度も釣り上がっていました。

7月と同じホテルでしたが、素掛けは新しい発見でした。



関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「41.かんぽの宿 熱海」
⇒旅行「43.かんぽの宿浜名湖三ケ日」

← click ranking tag !

ラベル:百年草
posted by AF at 19:48| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

旅行「41.かんぽの宿 熱海」

月1回の母のリハビリ旅行、今回は静岡県熱海市にある「かんぽの宿 熱海」へでかけました。

411-340ホテルと景色.jpg

新幹線熱海駅から車で約10分、熱海市街と相模湾が望める山の中腹に建つ絶景の温泉ホテルです。

熱海温泉は弱アルカリ性の天然温泉で、さまざまな生活習慣病の治療や予防に効果があるそうです。

412-340内湯と外湯.jpg

お風呂は、「館内には大浴槽と寝湯と圧注湯、そして外気が心地よい露天風呂」の4種類を楽しめます。

食事は、1階のレストランで「夜は美味しい物が少しずつ揃った熱海御膳、朝はバイキング」を頂きました。

413-340レストランと料理.jpg

部屋の設備や備品は、「大きさ、高さ、位置、数」など使い易さが配慮されており快適でした。



ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



海外でお金を守るプリペイド

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「40.三州足助公社百年草」
⇒旅行「42.豊田の奥座敷にあるホテル百年草」

← click ranking tag !

ラベル:熱海
posted by AF at 15:39| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

旅行「40.三州足助公社百年草」

月1回の母のリハビリ旅行、今回はかつて伊那街道の宿場町として栄えた豊田市足助町にある百年草へ行って来ました。

401-340ホテルと工房.jpg

豊田市駅から車で約35分。ホテルの他には、「フレンチレストラン、ハム工房、ベーカリーはうす」等を備えた複合施設です。

客室は、「和室2、洋室2、和洋室4、特別室2」全10室。宿泊料金は、特別室でも3人の場合料理別で1人6,500円です。

402-340部屋と風呂.jpg

風呂は、飯盛の湯と真弓の湯があり週毎に男女入替。客室は10室だけですので、何時の時間でもゆったり入れます。

夕食は、レストランでシェフこだわりのフレンチ会席。工房で作り立てのハムやパンも付きます。料金は1人3,500円です。

403-340レストランと料理.jpg

部屋の備品は使い勝手を考慮した配置、レストランも心配りが行き届いていました。手頃の値段でお値打ちなホテルです。



ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



海外でお金を守るプリペイド

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「39.南木曽温泉ホテル木曽路」
⇒旅行「41.かんぽの宿 熱海」

← click ranking tag !

ラベル:百年草
posted by AF at 07:43| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

旅行「39.南木曽温泉ホテル木曽路」

月1回の母のリハビリ旅行、今月は旧中山道妻籠宿にある南木曽温泉ホテル木曽路へ出かけました。

391-340ホテル.jpg

JR中央線の中津川駅からホテルのシャトルバスで約40分、緑に囲まれた山の中のリゾートホテルです。

南木曽温泉は、火山熱を吸収して地中1500mから湧き出している地下循環型の天然温泉です。

392-340温泉.jpg

150トンの巨石をくり抜いて作った迫力の内風呂、自然の恵みにひたれる露天風呂、など楽しめます。

夜は、食事処花籠で旬の食材を使った和会席。部屋は、足が伸ばせる掘り炬燵式のテーブル個室。

393-340料理.jpg

味・温度・盛り付けとも気配りが行き届いており、納得できる美味しい料理でした。

周りの新緑も奇麗で、くつろいだ時を過ごすことができました。



ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



海外でお金を守るプリペイド

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「38.蒲郡温泉ホテル竹島」
⇒旅行「40.三州足助公社百年草」

← click ranking tag !

ラベル:南木曽温泉
posted by AF at 09:53| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

旅行「38.蒲郡温泉ホテル竹島」

月1回の母のリハビリ旅行、今回は蒲郡温泉ホテル竹島へ出かけました。

381-340ホテル.jpg

ホテル竹島はJR蒲郡駅から徒歩10分、温泉のほか宴会場や会議室を備えた多目的ホテルです。

泉質はラドン温泉で、神経痛・筋肉痛・冷え性・痛風・疲労回復・健康増進等に効果があります。

382-340温泉.jpg

大浴場も露天風呂もまるで三河湾に繋がっているようで、竹島も手に取る様に眺められます。

夜は和食レストラン常盤(ときわ)で、料理長自慢の旬の食材を使った会席料理を頂きました。

383-340料理.jpg

食事処は、ほどよく半個室に仕切られていますので、くつろいだ気分で食事ができます。

館内は清潔で過剰なサービスもありませんので、気持ちよく過ごすことができました。



ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



海外でお金を守るプリペイド

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「37.西浦グランドホテル吉慶」
⇒旅行「39.南木曽温泉ホテル木曽路」

← click ranking tag !

ラベル:蒲郡温泉
posted by AF at 11:31| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

旅行「37.西浦グランドホテル吉慶」

月1回の母のリハビリ旅行、今月は愛知県蒲郡市にある西浦グランドホテル吉慶へ行って来ました。

371-340ホテル.jpg

JR蒲郡駅から車で25分ほど、パームビーチと名付けられた浜辺に建つ三河湾が一望できるリゾートホテルです。

最上階には展望風呂、2階には大浴場があります。なお、展望風呂は夜8時に男女入れ替えになっています。

372-340温泉.jpg

先ずは、展望風呂で三河湾の大パノラマを堪能。夜は、食事の後大浴場でゆっくり温泉につかりました。

食事は、夜も朝も部屋食。母は足が悪いので、お願いしてテーブル席にしてもらいました。

373-340料理.jpg

夜は、旬の食材「あわび・わが・かに など」を使った会席料理。朝は、定番の和定食でした。

春休み明けでお客さんは少なく、静かに過ごすことができました。



ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



海外でお金を守るプリペイド

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「36.ホテルサンバレー伊豆長岡」
⇒旅行「38.蒲郡温泉ホテル竹島」

← click ranking tag !

ラベル:西浦温泉
posted by AF at 08:34| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

旅行「36.ホテルサンバレー伊豆長岡」

月1回の母のリハビリのための温泉旅行、今回は伊豆半島にあるホテルサンバレー伊豆長岡へ出かけました。

361-340ホテル.jpg

西の駿河湾、東の相模湾を2分する伊豆半島。その伊豆観光の拠点となる場所にある観光ホテルです。

温泉は、500m直下汲み上げの自家源泉掛け流し。自律神経を刺激して健康を整える高濃度アルカリ泉です。

362-340温泉.jpg

設備は、「大ひのき風呂・庭園露天風呂・ジェット風呂・歩行浴・ドライサウナ・スチームサウナ」などがあります。

料理は、和洋中が楽しめるバイキングレストランと個室での和食会席があり、予算や目的に合わせて選べます。

363-340料理と桜.jpg

館内には、随所に現代名画が展示されており癒されます。丁度、中庭の河津桜が満開で奇麗でした。



ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



海外でお金を守るプリペイド

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「35.グリーンホテル三ヶ根」
⇒旅行「37.西浦グランドホテル吉慶」

← click ranking tag !

ラベル:伊豆長岡
posted by AF at 00:35| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

旅行「35.グリーンホテル三ヶ根」

月一の母のリハビリ旅行、2月は昭和天皇も宿泊された西尾市のグリーンホテル三ヶ根へ出かけました。

351-340ホテル外と内.jpg

JR蒲郡駅からは車で約30分、西尾市の三ヶ根山に建つ三河湾の壮観絶景が楽しめるリゾートホテルです。

お風呂は男女共大浴場と露天風呂があり、三河湾の島々を眺めながらのんびりお湯につかれます。

352-340風呂内と外.jpg

露天風呂は、皮膚が滑らかになることで美人の湯といわれるいけだゆげの天然温泉水が使われています。

夜は田原牛・のどぐろ・手長エビなど地元の食材を使った会席料理、朝はバイキングでした。

353-340料理と景色.jpg

広々した館内と三河湾の眺望、くつろいだひと時を過ごすことができました。



ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



海外でお金を守るプリペイド

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「34.西浦温泉」
⇒旅行「36.ホテルサンバレー伊豆長岡」

← click ranking tag !

ラベル:三ヶ根
posted by AF at 08:53| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

旅行「34.西浦温泉」

今年初めてとなる母のリハビリ旅行、今回は西浦温泉にある天空海遊の宿「末広」へ行ってきました。

341-340ホテルと部屋.jpg

車で自宅を午後2時に出発、3時半にホテルへ到着。部屋は全室オーシャンビュー、高台に建つ三河湾が一望できるホテルです。

食事までの時間、まずはのんびり温泉につかりました。泉質は肌に優しいアルカリ性単純温泉で、美白泉と呼ばれています。

342-340温泉.jpg

屋上には三河湾の大パノラマが楽しめる天空露天風呂、そして1階には大浴場があります。こちらからも、三河湾が眺められます。

食事は、1階の料理茶房「創」で旬の食材を使った和会席。テーブル席で半個室になっており、くつろいで食事ができました。

343-340食事処と景色.jpg

翌朝陽が昇る前、部屋から眺めた三河湾、ほんとうに奇麗でした。



ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「33.奈良春日ホテル」
⇒旅行「35.グリーンホテル三ヶ根」

← click ranking tag !

ラベル:西浦温泉
posted by AF at 00:09| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

旅行「33.奈良春日ホテル」

月1回出かけている母のリハビリ旅行。今年最後となる今月は、奈良の春日ホテルへ行って来ました。

331-340ホテル.jpg

ホテルはJR奈良駅から徒歩5分ですが、母は足が悪いので新幹線京都駅からタクシーを利用、1時間程で到着しました。

ホテルに荷物を預け、奈良公園にある猿沢の池を観光。池の周りには紅葉も見られ、とても奇麗でした。

332-340猿沢の池.jpg

猿沢の池から戻った後、食事までに随分時間がありましたので、のんびりお風呂につかりました。

333-340風呂.jpg

お風呂は、大浴場と露天風呂があります。大きさと造りが違いますので、夜と朝で男女入替になっています。

食事は、和風れすとらん春日。広々したテーブル席で客もまばら、くつろいで静かに食事ができました。

334-340館内.jpg

部屋の備品は行き届いており、清潔感のある館内で、気持ちよく過ごすことができました。



TABICA TABICA TABICA



関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「32.吉良竜宮ホテル」
⇒旅行「34.西浦温泉」

← click ranking tag !

ラベル:奈良
posted by AF at 08:14| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

旅行「32.吉良竜宮ホテル」

月一の母のリハビリ旅行、今回は三河湾の中間部に位置する吉良海岸にある海のリゾート吉良竜宮ホテルへ出かけました。

321-340ホテルと景色.jpg

自宅から車で約1時間、午後3時に到着。目の前には弁財天が祀られている梶島、その向うには渥美半島が眺められます。

窓を開けると心地よい潮風が入って来ました。暫く行き交う船と海を眺めて休息。その後、のんびり温泉につかりました。

322-340温泉.jpg

温泉は、人工のトゴール湯。効能は、神経痛・リウマチ・腰痛・肩こり・うちみ・くじき・疲労回復・冷え性・あせも など。

夜は、「アカザ海老・タイ・ハモ・三河ポーク・西尾抹茶・八丁味噌」など、地元の海の幸や三河の幸たっぷりの会席料理。

323-340料理.jpg

食事処は、半個室になった椅子席。足の悪い母も楽に座れ、静かな雰囲気の中で料理を頂くことができました。

今回はドライブを兼ねた近場旅行でしたが、天気も良く穏やかな日和で母も喜んでくれました。

  海外でいつものT-POINTが貯められる

ぽけかる倶楽部 ぽけかる倶楽部



関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「31.内海温泉日吉苑」
⇒旅行「33.奈良春日ホテル」

← click ranking tag !

posted by AF at 08:16| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

旅行「31.内海温泉日吉苑」

10月母のリハビリ旅行、今回は知多半島の南知多にある天然温泉旅館「日吉苑」へ出かけました。

311-340ホテル.jpg

そんなに遠くないので家でお昼を済ませた後、車で午後2時に出発。日吉苑には、3時少し過ぎに到着しました。

日吉苑は、国道247号線沿いに建つ海の前のホテル。部屋からは伊勢湾と、その向こうには紀伊半島が眺められます。

312-340部屋と景色.jpg

温泉は、塩化物泉。浴室は広くありませんが、内湯と露天があります。潮の音を聞きながら、ゆっくりお湯につかりました。

313-340温泉.jpg

夜は、南知多の海の幸を頂きました。私たちは控え目の海鮮尽くしプランでしたが、ボリュームは十分でした。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「30.熱海温泉ホテル・サンミ倶楽部」
⇒旅行「32.吉良竜宮ホテル」

← click ranking tag !

ラベル:内海温泉
posted by AF at 00:12| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

旅行「30.熱海温泉ホテル・サンミ倶楽部」

9月母のリハビリ旅行、今回は日本の三大温泉の一つとも言われている熱海温泉にあるホテル・サンミ倶楽部へでかけました。

301-340ホテル.jpg

JR新幹線の熱海駅で下車。ホテル・サンミ倶楽部は駅からタクシーで10分ほど、熱海港が目の前にあるリゾートホテルです。

302-340部屋と港.jpg

客室は港向きになっており、部屋からはきれいに整備された熱海港と汽笛を鳴らして出入りする客船や釣り船が眺められます。

温泉の泉質は、カルシウム・ナトリウム-塩化物泉。 自家源泉で、効能は「神経痛、筋肉痛、冷え症、疲労回復、健康増進」など。

303-340展望風呂.jpg

浴槽は最上階(10F)に「展望風呂」と「内湯+露天風呂」があり、夜7時半までと8時以降で男女入替制になっています。

夜は、2階の食事処であわびや金目鯛など海の幸を主体にした会席料理。朝は、1階の大広間で和洋バイキングでした。

304-340食事と冨士山.jpg

この季節、行きは雲に覆われて見られませんでしたが、帰りには雲の切れ目に冨士山を眺めることもできました。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「29.笹戸温泉とうふや」
⇒旅行「31.内海温泉日吉苑」

← click ranking tag !

ラベル:熱海温泉
posted by AF at 00:48| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

旅行「29.笹戸温泉とうふや」

8月、母のリハビリ旅行。今回は、矢作川の上流三河の奥座敷豊田市笹戸町にある「とうふや」へでかけました。

291-340外観.jpg

自宅を昼の12時に車で出発。途中和食の店「双樹」で昼食。自宅から笹戸温泉まで約50km、午後3時に到着しました。

ここには和洋室がないので、和室2間+テーブル室の客室を予約。母の為に和室の1室に簡易ベッドを用意してもらいました。

292-340部屋と風呂.jpg

傷を治して飛び立つ白鷺を見て発見されたと伝えられる笹戸温泉、うちみ、きりきず、疲労回復、健康増進 などに効果があるそうです。

食事は、テーブル席が並んだ和ダイニング。夜は会席料理、朝は和定食。いずれも、旬の食材を使った滋養と健康に配慮された料理でした。

293-340食事と景色.jpg

客室、食事処、湯殿、どこの窓からも矢作川と奥矢作の緑に包まれた景色が眺められ、癒しの一時を過ごすことができました。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「28.猿投温泉ホテル金泉閣」
⇒旅行「30.熱海温泉ホテル・サンミ倶楽部」

← click ranking tag !

ラベル:笹戸温泉
posted by AF at 10:42| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

旅行「28.猿投温泉ホテル金泉閣」

7月母のリハビリ旅行、今回は名古屋の東猿投山の麓にある檜の林に囲まれた猿投温泉ホテル金泉閣へでかけました。

281-340ホテル.jpg

帰りには、道路沿いの直売所で季節の味覚「桃」を購入する予定もあり車を利用。途中で食事、午後3時少し前に到着。

猿投温泉は、療養効果の高い天然ラドン泉。浴槽は古代檜作り、温度も低く目で景色を眺めてゆっくりつかりました。

282-340風呂と景色.jpg

夕食は、京料理を基本にした会席料理。時間は2部制で制限が有り、酒好きな私には少しもの足りませんでした。

283-340食事と桃.jpg

帰りには直売所で桃を購入、黄桃は中旬から来月中旬とのこと。次は、黄桃を目当てにでかけようと思っています。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「27.三谷温泉サンヒルズ三河湾」
⇒旅行「29.笹戸温泉とうふや」

← click ranking tag !

ラベル:猿投温泉
posted by AF at 08:35| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

旅行「27.三谷温泉サンヒルズ三河湾」

6月母のリハビリ旅行、今回は三谷温泉の旅館サンヒルズ三河湾へでかけました。

旅館271-340.jpg

近いので車を使用。家を12時に出発して途中で昼食、三谷温泉着/14:45。チェックインまでの時間、ラグーナで買物。

ラグーナと景色272-340.jpg

旅館は、真言宗の寺院金剛寺のある弘法山の中腹に建っています。全室西向きで、客室からは蒲郡市と竹島が見下ろせます。

三谷温泉は、僧侶行基に発見され千二百年。効能は、病気・怪我・健康増進。昔から、多くの人々に利用されてきた温泉です。

温泉273-340.jpg

浴室は、展望風呂と露天風呂があります。大きなガラス窓の向こうは三河湾。露天風呂は、弘法山の風が通り抜けています。

食事は、夜も朝もテーブル席で足の悪い方も安心です。華やかさはありませんが、清潔で心配りの行き届いた公共の宿です。

食事274-340.jpg

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「26.山代温泉ゆのくに天祥」
⇒旅行「28.猿投温泉ホテル金泉閣」

← click ranking tag !

ラベル:三谷温泉
posted by AF at 00:10| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

旅行「26.山代温泉ゆのくに天祥」

5月母のリハビリ旅行、今回は加賀温泉郷の1つ山代温泉にある「ゆのくに天祥」へでかけました。

天祥261-340.jpg

名古屋駅を11時48分発の特急しらさぎ7号に乗車。岐阜→大垣→米原、沿線の山々の藤の花や木々の若葉がとても奇麗でした。

列車は米原でスイッチバック、北陸本線へ入って琵琶湖東湖畔を北上。新緑と、田植えの終わった田園風景が目に入ってきました。

やがて列車は加賀温泉駅へ到着。駅からはシャトルバスで15分ほど。ゴールデンウイークの中日、バスは観光客で満席でした。

石造のテーブルの置かれたベランダからは遠くに加賀の白山、そして広がる山並みが一望できました。お茶を飲みながら景色を眺めて暫く休息。

白山262-340.jpg

温泉は、「山代温泉ゆのくに天祥源泉」と呼ばれる自家源泉。 塩化物系療養泉で、疲労回復や健康増進、更には美肌効果もあるそうです。

温泉と料理263-340.jpg

食事は、落ち着けるテーブル個室。夜は、加賀の季節の食材を使った料理長自慢の創作料理。朝も、バイキングではなく和定食でした。

今回は仕事をしている息子も参加、家族全員揃っての旅行。それぞれの思いで、温泉と料理、そして5月の風を楽しむことができました。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「25.下呂温泉望川館」
⇒旅行「27.三谷温泉サンヒルズ三河湾」

← click ranking tag !

ラベル:山代温泉
posted by AF at 14:08| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

旅行「25.下呂温泉望川館」

4月母のリハビリ旅行、今回は日本3名泉の1つ下呂温泉にある望川館へでかけました。

望川館251-340.jpg

名古屋からは、特急ワイドビューひだ11号に乗車。沿線の桜を眺めている内に、列車はいつの間にか下呂に到着。

望川館は、シャトルバスで駅から約5分。その名の通り、客室からは飛騨川と高山線の鉄橋が見下ろせます。

景色252-340.jpg

食事前、まず温泉へ! 温泉は透明で無臭、美肌効果があるそうです。露天風呂は、満開の桜に囲まれていました。

温泉と料理253-340.jpg

食事は、日本庭園を配したた「 観水」で飛騨牛朴葉味噌会席。ホテルにはない、昔懐かしい旅館の風情が感じられます。

中庭には、満開の梅。今回の旅行では、「桜と梅と温泉」を楽しむことができました。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「24.浜名湖ロイヤルホテル」
⇒旅行「26.山代温泉ゆのくに天祥」

← click ranking tag !

ラベル:下呂温泉
posted by AF at 00:34| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

旅行「24.浜名湖ロイヤルホテル」

3月、母のリハビリ旅行。今回は、弁天島の北側にある浜名湖ロイヤルホテルへでかけました。

ホテル241-340.jpg

新幹線浜松駅で下車。ホテルは、駅の西方約15km。足の悪い母ですので駅からはタクシに乗車、30分ほどで着きました。

まず、食事前に温泉につかりました。泉名は地名から「雄踏柳泉」と呼ばれており、地下500mから湧き出しているそうです。

温泉242-340.jpg

夜の食事は、「日本料理・中華料理・フランス料理」があります。今回は中華を選択、落ち着いた店内で静かに頂けました。

料理と景色243-340.jpg

部屋からの眺望、浜名湖と島々が絵葉書の様に奇麗でした。翌日は、うなぎパイファクトリーで買物をして帰って来ました。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「23.大阪箕面温泉」
⇒旅行「25.下呂温泉望川館」

← click ranking tag !

ラベル:浜名湖
posted by AF at 00:35| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

旅行「23.大阪箕面温泉」

2月、母のリハビリ旅行。今回は、大阪箕面温泉「箕面観光ホテル」へ出掛けました。

ホテル231-340.jpg

場所は、新幹線新大阪駅の北約15km。駅からは、車で30分ほどの所にある六甲山に繋がる山の麓の観光ホテルです。

曲がりくねった坂道を登ってホテルへ到着。3時にチェックイン。暫く部屋で休憩してから温泉へつかりました。

箕面温泉は、炭酸水素塩・塩化物泉。入浴すると肌がツルツルになることから、美肌の湯と呼ばれているそうです。

温泉と料理232-340.jpg

食事は、夕食・朝食ともにバイキング料理。沢山頂かない私たちには、据膳の和会席の方が良いと思いました。

関西風と言うのでしょうか、活気のある賑やかな雰囲気が印象的でした。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「22.ホテルシーパレスリゾート」
⇒旅行「24.浜名湖ロイヤルホテル」

← click ranking tag !

ラベル:箕面温泉
posted by AF at 00:58| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

旅行「22.ホテルシーパレスリゾート」

今年初めてとなる母のリハビリ旅行。今回は、豊橋市の三河湾にあるホテルシーパレスリゾートへ出掛けました。

ホテル221-340.jpg

JR豊橋駅着13時26分。駅からは、14時5分発のホテルの送迎バスに乗車。15分ほどでホテルシーパレスリゾートへ着きました。

部屋と景色222-340.jpg

15時チェックイン。白を基調にしたモダンな明るい客室で、全室渥美半島と三河湾が眺められるようになっています。

部屋で暫く休息した後、最上階にある展望ラジウム風呂「アクアの湯」で三河湾を眺めながらお湯につかりました。

風呂と料理223-340.jpg

夜は、日本料理「四季亭」で料理長こだわりの海の幸や山の幸の手料理を、ゆったりしたテーブル個室で頂きました。

正月明けで客もまばら、静かなホテルで年の初めの一時をのんびり過ごすことができました。

関連ブログは コチラ ↓
⇒旅行「21.焼津グランドホテル」
⇒旅行「23.大阪箕面温泉」

← click ranking tag !

posted by AF at 00:36| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする